コラム

 

納骨の主な4つの種類|地域による納骨室(カロート)の違いも解説!

家族や親族の方が亡くなると、通夜・納骨などさまざまな対応が必要になります。納骨という言葉自体は聞いたことがあっても、実際にどのような流れで行われるのかイメージが難しい方も少なくありません。

故人はもちろん親族にとっても最善の選択ができるように、納骨の種類を知っておきましょう。

今回は、納骨の種類とそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。地域による納骨室(カロート)の違いにも触れるため、ぜひ参考にしてください。

1. そもそも「納骨」とは?

納骨とは、火葬後に骨上げした遺骨を骨壺に納めて埋葬することです。

納骨は家族や親族が気持ちを整理するための儀式でもあります。納骨する方法は、お墓や納骨堂などさまざまです。納骨する方法に決まりはなく、故人や親族の考えや宗教などに合わせて自由に決定できます。

また、納骨は必ずしもしなければならないわけではありません。手元供養といって、納骨せずに自宅で保管することも可能です。

納骨の一般的な時期や流れなどを詳しく知りたい方は、下記の記事もぜひ参考にしてください。

納骨とは?一般的な時期・流れ・費用相場・服装マナーを徹底解説!

2. 納骨の主な種類4つ|各種類のメリット・デメリットも

一口に納骨と言っても、納骨の方法はさまざまあります。それぞれの方法にメリット・デメリットがあるため、特徴をしっかりと確認しておくことが大切です。

ここでは、4つの納骨方法の概要とメリット・デメリット、費用感について解説します。

2-1. 「納骨堂」での納骨

納骨堂は、屋内にある遺骨を預けられる施設です。並んだロッカーの1つを納骨スペースとして使用する「ロッカー式」や、機械の操作によって参拝スペースに骨壺が自動で搬送される「自動搬送式」など、さまざまな種類があります。納骨堂では、期間を決めて一時的に遺骨を管理してもらえるほか、永代供養も可能です。

納骨堂に納骨するメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット ● アクセス面に優れた場所に多い
● 掃除や草取りなど管理の手間がかからない
● 費用を抑えられる
デメリット ● 老朽化や災害などで納骨堂自体がなくなるリスクがある
● 預けられる遺骨の数が制限される
● お供え物に制限がある

納骨堂は管理の手間が省けるため、トータル費用を抑えられることが魅力です。また、屋内にあるため、天候を気にせずお参りできます。

一方で、スペースが限られており、お供え物の内容や預けられる遺骨の数には限りがあります。「故人が好きだったものをお供えしたい」「家族や親族の遺骨も収めたい」という場合は、ニーズに合った利用ができる納骨堂を探しましょう。

納骨堂に納骨して永代供養を依頼する場合の費用相場は、エリアによって大きく異なるものの「約30万円~」が基本です。護持会費がかからないプランであれば、改めて費用がかかることはありません。

2-2. 「墓地・霊園」での納骨

墓地・霊園での納骨は、購入した寺院や霊園施設内の土地にお墓を建てて納骨する方法です。故人が眠る場所として土地を購入し、家名やメッセージが刻まれた墓石を立てます。

墓地・霊園のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット ● 墓石デザインの自由度が高い
● 家単位で継承できる
● 大人数の遺骨を納められる
デメリット ● お墓の継承が基本となる
● 掃除や管理の手間がかかる
● トータル費用が高くなる

墓地・霊園は、故人が好きな物をお供えしたり好きな言葉を墓石に反映したりできます。納められる遺骨の数が多く、1.0~1.5㎡の一般的な区画のカロートであれば4~6つ程度の骨壺を納められます。家単位で継承できるため、先祖代々のお墓参りができることも特徴です。なお、カロートのスペースがいっぱいになったら合祀墓に移されたり、カロート内の「息抜き穴」と呼ばれる土の露出部分に埋葬されたりします。

ただし、お墓の継承には手間と費用がかかります。将来的に家族や親族の負担になる可能性もあるでしょう。また、屋外に納骨するため遺骨が水に濡れたり土が入ったりします。将来墓じまいをする際には、新たな納骨前に洗骨が必要になります。

墓地・霊園に納骨する場合の費用相場は、「約230万~450万円」です。土地使用にかかる永代使用料の他、墓石を建てるための石材工事費もかかります。

2-3. 「合祀墓・合葬墓」での納骨

合祀墓・合葬墓は、1つのお墓を他の方々と共同利用する方法です。近年では、子どもや親族の負担を考えて合祀墓・合葬墓に納骨する方が増えています。

合祀墓・合葬墓のメリット・デメリットは、下記の通りです。

メリット ● 価格が安く費用負担が少ない
● 継承者がいなくても供養を依頼できる
● 掃除や管理の手間がかからない
デメリット ● 特定のお墓を持つことはできない
● 遺骨を取り出すことができない
● 親族からの理解が得られないとトラブルの原因になる

費用と管理の負担が少ないことは、故人だけでなく子どもや親族にとっても大きなメリットです。しかし、親族の理解が得られていないと、「個別にお墓参りができない」「骨壺から出して埋葬するため改葬や分骨ができない」などトラブルに発展するリスクがあります。

合祀墓・合葬墓に納骨する場合の費用相場は、「約10万~30万円」です。供養の頻度などによって費用には差があります。

2-4. 「樹木葬」による納骨

樹木葬は、墓石を建てずに樹木を礼拝対象にするお墓のスタイルです。シンボルツリーと呼ばれる樹木の周辺に納骨します。

樹木葬のメリット・デメリットは、下記の通りです。

メリット ● 継承者がいなくても契約できる
● 自然豊かで明るい雰囲気がある
● 宗派を問わない
デメリット ● アクセス面が悪い場合がある
● 粉骨が必要となることがある
● 遺骨の取り出しが難しい

樹木葬は、桜の木を囲むようにお墓が並んでいたり西洋ガーデン風に整備されていたり、穏やかで明るい雰囲気が特徴です。永代供養をしてもらうこともできるため、継承者問題に悩まずに済みます。

ただし、スペース確保などの理由で納骨には粉骨が必要となるのが一般的です。粉骨を希望しない場合は、納骨の条件を確認しておきましょう。また、骨壺から出して遺骨を埋葬することも多く、遺骨の取り出しが難しい点もデメリットの1つです。

樹木葬による納骨にかかる費用相場は、「約10万~40万円」です。合祀型は費用が安く、個別型・家族型になると費用が高くなります。

3. 地域による納骨室(カロート)の違い

納骨する場所は、納骨室(以下「カロート」)と呼ばれる空間です。遺骨を納める大切な場所であるため、外からは見えない造りになっています。

カロートは地域によって仕組みが異なり、関東式・関西式の2つに分けられます。納骨をスムーズに進めるために、それぞれの違いを確認しておきましょう。

ここでは、関東式・関西式の特徴について解説します。

3-1. 関東式カロート

関東式カロートは、お墓の下に納骨スペースが設けられているタイプです。拝石と呼ばれる石で蓋がされており、納骨するには墓石と拝石を動かす必要があります。

関東では、遺骨をすべて骨壺に入れることが多く、骨壺のサイズは直径約21cmとなっています。大きなサイズの骨壺を収められるように、関東式カロートは大きめに設計されていることが特徴です。

カロートの内部は二段構造で、納骨や骨壺の整理をする場合は中に人が入って作業をします。

3-2. 関西式カロート

関西式カロートは、納骨スペースが地面と墓石の間に設けられているタイプです。関東式カロートに比べると、お墓全体が高く大きく感じます。

関西では、分骨して骨壺には一部の遺骨を入れることが多く、骨壺のサイズは直径約9~15cmとなっています。骨壺のサイズが小さいこともあり、関西式カロートはコンパクトな造りが特徴です。

納骨や骨壺の整理をする場合は、水鉢や供物台などをずらして納骨口を開けて作業をします。

4. 納骨の種類決定後は「納骨式」の準備を進めることが一般的

納骨式の準備は、納骨の種類が決定してから進めるケースが一般的です。

まずは僧侶や参列者の都合を確認して納骨式の日程を決めます。四十九日法要など各種法要のタイミングでの納骨式が多く見られます。納骨式後に会食を予定している場合は、お店の手配も必要です。

また、納骨式には「遺骨埋葬許可証」「墓地使用許可証」が必要となります。滞りなく納骨式を進められるように、忘れずに準備しておきましょう。

納骨式は、家族のみで行うことも可能です。近年では、納骨式を行わないという選択もめずらしくありません。納骨や納骨式について分からないことがある場合は、寺院や納骨堂などに相談してみましょう。

納骨式とは

まとめ

遺骨を納めた骨壺を埋葬することを納骨と言います。納骨の方法は、納骨堂・墓地・合祀墓・樹木葬などさまざまあります。故人の希望や親族一同の考えに合わせて納骨の方法を決めることが大切です。

納骨の流れや風習は、地域によって異なる場合があります。初めて納骨するとなれば、分からないことや不安なことがあるのも無理はありません。

都内での納骨式や墓じまいを考えている方は、見学や相談が気軽にできる個室納骨堂「了聞」にぜひお問い合わせください。

 

この記事を書いた人

株式会社了聞 運営部主任 小林 雄志

株式会社了聞 運営部主任 小林 雄志

葬儀・供養業界経験者。複数の霊園・納骨堂での勤務経験あり。
取得資格:終活コンシェルジュ

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る